トップ
企業情報
採用情報

「西部ガスグループ」という
信頼と安心のブランドを大切に
高齢者とご家族の暮らしをサポートします。

西部ガスライフサポート株式会社 代表取締役社長 井上 健一

トップページ > インタビュー:社長 井上 健一

 西部ガスライフサポート株式会社のホームページにご来訪いただき、誠にありがとうございます。当社は2005年に設立され、老人福祉法に基づく有料老人ホーム事業として「アンペレーナ百道(福岡市早良区)」、介護保険法に基づく居宅サービス事業・居宅介護支援事業者として「ウエストライフ南片江(福岡市城南区)」の2施設を運営しています。

 「アンペレーナ百道」は2008年5月に開業した「生きがいと安心の両立」「生涯現役」をコンセプトとする富裕層向けの施設で、一般住戸122戸と、介護が必要になった方が住み替えられる介護住戸31戸があります。

 「ウエストライフ南片江」は2012年2月の開業で、要支援・要介護の方向けに介護と医療が連携した住宅型有料老人ホーム。住戸数は50戸で、デイサービス、ケアプランセンター、訪問介護、訪問看護の介護保険事業所を併設しています。

 両施設とも「私たちは、常に真心をもって、人間の尊厳を重んじる企業でありつづける」という当社の経営理念の下、人のつながりを大切に、個々人を尊重し、ご入居者さまはもちろん、ご家族にも寄り添い、日々の暮らしをサポートさせていただいています。

 高品質な介護サービスの提供には優秀な人材の確保と育成が不可欠です。そして従業員が楽しく業務に従事できる環境こそが、ご入居者さまに最高のサービスができる条件だと考えています。当社はこれからも人材育成に力を注ぎ、社員が働きやすくやりがいを持って働ける職場づくりを推進しながら、ご利用者さまの暮らしをサポートする体制を充実させていく所存です。

 ご入居者さまにお聞きすると、当施設を選ばれた理由の一つに「西部ガスグループの信頼と安心があるから」というお言葉を度々頂戴することがあります。私たちはこれからも、「お客さまから絶大な信頼をいただくエネルギーとくらしの総合サービス企業グループ」の一翼を担う誇りを胸に、ご入居者さまの尊厳を守り、自立支援に資する企業活動を着実に展開してまいります。